目次/前置き

google


-google-


無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ●「3S」で赤字脱却 見学者が後を絶たない町工場 | トップページ | 主任02 »

2010年11月12日 (金)

主任01

意味なく怒鳴りまくる主任。

始めはフルメタルジャケットのハートマン軍曹のようだと思った。
しかし、ハートマン軍曹は理不尽な命令はしない。
次はGIジェーンのようだと思った。理不尽な暴力?

私に対しては些細なことで声を荒げていた。
重量物を持ち上げる時に腰を落として(しゃがんで)持ち上げたところ、
もっと勢いをつけて(膝を曲げずに)持ち上げろと旧世代な指示をしたり、
荷紐の結び方がゆるいといって自分で結びなおしたところ、全く問題がなかったり…

たしかに、コツを教わった部分もありましたが、体格や個人の能力に依存するものが多かったです。
荷物の高積みなどは足場を使ったところ怒鳴られてしまいました。
左手は添えるだけで投げて乗せろという。
考えると「なぜ止まるんだ!」といわれ、意味なく走り回るしかなかった…
ガツガツ動けば一生懸命に見える…?

私は物を考えようとしたら目線を外します(一般的に良くあることです)
考えている最中や集中している時は反応が遅くなります(一般的に良くあることです)
それが自分にとって最高に効率がいい状態なのです。
ですが、ボーっとしている。漠然と作業しているとしか思われなかったようです。
また、メモを取ると怒られるので、自分のやり方ができず本当に困りました。

生産予定数を見て、何分で作業完了できるか即答できなければならない。
必要なケース数、部材数、積み上げる段数。
即答できなければ怒鳴られるし、理論値で答えて実行できなければ怒鳴られる。
少しでも言いよどんだり、言い間違えただけ
でも煽られます。
そしてまた、突然呼び出され、箱や梱包材の整理…

人手不足で、成型部から一時的に組立部に応援に回された竹藤さん。
怒鳴られまくっていた。
パレットの上下が分からなかったらしい。
主任は、私や部門長をわざわざ呼びつけ、
その前で竹藤さんを怒鳴りつけた。

これって普通じゃないよね…?
現実感を取り戻した瞬間だった。
ある者は主任に会わないように逃げまくり、
ある者は萎縮してしまって作業ができないでいた。

倉庫係のおじいさんは、
「俺は部下を人前で怒鳴ったことは1度もない」と息巻いておられました。

「人を大事にしない会社」という言葉があちこちから聞こえてきました。

つづきます。

012.主任02→

ポチッとよろしく! 

------------------------------------------------------------------------

« ●「3S」で赤字脱却 見学者が後を絶たない町工場 | トップページ | 主任02 »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事