目次/前置き

google


-google-


無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 仕事の内容「生産管理をやらせるぞ!」 | トップページ | 仕事の内容「作れません」 »

2010年11月26日 (金)

仕事の内容「台車」

パート各部署への部材の配布は、
生産計画を見て、倉庫や外から部材を搬入します。
在庫がどこにあるのか、まだ作られていないのか?
情報はありません。成型部との情報は連動していないのです。
少しでも迷えば罵声が飛んできます。
生産計画を全て一瞬で覚えなければなりません。
私の苦手な分野です。

搬入といっても、列のまま引きずって作業場所に運び込むか、
台車を使って手積み手下ろしです。
台車といえば、持手がついたものを想像するかもしれませんが、
ここでは40×40くらいのベニヤ板に、車輪をつけただけの物が大量に使われていました。
工場内の舗装はつぎはぎだらけで、高積みしなくても転倒のリスクがありました。
雨の日も傘やカッパは準備しているヒマは無いので、ぬれながら運びます。

台車に荷物を載せたまま組み立てる場所に並べたり、
台車から下ろして積み上げたりします。

作業場所が狭いので部材が全ては入りません。
倉庫が片付かないからといって主任が部材を詰め込んでいったり、
とにかく片付けろと命令されてとりあえず詰め込み、
残業して片付けるような毎日でした。

各部署連携は「口伝」です。
その人を呼び出すか、捕まえるかして聞くしかありません。
時間がかかります。
組立部と成型部は一般道で50m離れています。
電話は事務所にしかありません。

増産体制になってから、成型部に部材を取りに行く事が増えました。
生産が出荷に間に合わないのです。
日本語が分からない中国人が成型部をまわしています。
(名目上は研修生と呼ばれていました)
管理者は日本人ですが、言葉の通じない者に指示を出すのは大変なようでした。
部長は良く成型部に隠れてサボっていたようです…

7時から15時くらいまで組立、
その後、22時すぎまで出荷の一部と翌日の準備。
こんなパターンで働いていました。

いつ呼びつけられて何を言われるのか、精神的に疲れていました。
「修行」だと思って耐えていました。
肉体的には慢性的な腰痛と、なぜか足の小指の感覚がなくなりました。

続きます。
017.仕事の内容「作れません」→

ポチッとよろしく!

------------------------------------------------------------------------

« 仕事の内容「生産管理をやらせるぞ!」 | トップページ | 仕事の内容「作れません」 »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事