目次/前置き

google


-google-


無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 転換 | トップページ | 辞めます »

2010年12月19日 (日)

どうやって仕事を辞めるか?

奴隷を手放す主はいない。
改善される見込みはない。
仕事を続けられない。
仕事に責任を持てない。
やれることはやった。
辞めても後悔はない。

逃亡してそのまま辞めるのは良くない。
狭い街ではいずれ会うこともある。
戻ることはないが恨みを買う必要もない。
引き留めをどうやってかわすか。
病気を盾にしたら?
でも回復するのを待つといわれたら?

休んでいる間にメンタルの病院に行きました。
病院に行けるのも今のうちだけです。
自分の保険証がなくなったら、世帯主に通院がばれてしまうからです。
保険証の支給は勤務して4ヶ月以上過ぎてからでした。

病院で診断書を出してもらえないか交渉しましたが、断られました。
会社に話して理解してもらえなかったら書類を書くということでした。
この病院は、薬で解決するタイプの病院でカウンセリングなどはしません。
薬だけももらって帰りました。
カウンセリング否定派の私には、そのほうが具合がいいですけど、
少し話が長くなるとキレてしまうDr.はどうかと思います…

数日考えて、会社に電話しました。
はっきり「辞めたい」と伝えました。
できれば電話で済ませたかったのですが、直接話したいとの事でした。
引き留めは確実です。

会社を辞める前の通知は1ヶ月前というのは、
おおむねどの会社にもあるローカルルールです。
極端な金銭的損失でも無い限り、訴えられる事は無いでしょうが、
迷惑がかかるので守った方が良いと思っています。
(今回は守れていません)

後日、会社に行くことになりました。
何があっても辞めるつもりだったので、退職願いを書きました。
初めての事なので、ネットで必死に検索して調べました。
だいぶ薬を効かせていたので時間は掛かりましたが、何とか書きました。

ちゃんとした話し合いなのでスーツで行きます。

続きます。
027.辞めます→

ポチッとよろしく!

Photo_038

------------------------------------------------------------------------

« 転換 | トップページ | 辞めます »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事