目次/前置き

google


-google-


無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 簿記2級申し込み 平成23年11月20日(日)実施 | トップページ | 夢の原因。 »

2011年10月31日 (月)

夢の話

将来の希望ではなく、
占うような夢ではなく、
現実や経験とリンクした夢の話。

良くわからない会社でしたが接客がある仕事。
取引先がありこっちが下。
私に仕事を教えてくれるのは女性。

何かのラベルを作らなければならないが、
やり方を正確に伝えてもらえず、作業できないのに怒られる。
小さい字を書くためなのに、太いマジックを渡されて困惑する。…

他人事なのでいいかげんに指示をしているのがわかる。
「いいんだよ。そんなの適当で。私もそうしてるから」よくない

なぜか電車で移動。
取引相手を出迎えなければならないが、
それに必死になる。
形式的で生産性がない会社ごっこ。
裏と表。
裏では不平不満を漏らし、汚い仕事をしているのに、
表面だけ取り繕う…そんな仕事。

仕事を人に頼む、頼るというのは、やってくれるのが絶対条件で、
頼んでもやってもらえない、応えてもらえない、
教えてもらえないというストレス(嫌がらせも含む)は何の価値もない。
そして、
「やる時間がないなら人に頼め。人を使え。連携しろ」という無責任な命令は、
上司と現場の板ばさみループを生む。

全員が同じ命令を受けて、
自分のことすら満足に実行できないのだから、
人に頼まれた仕事なんてやってる暇はない。

ここまでが夢の話。

この人物は実在した女性事務員で、
最初に会ったときから、私はなんとも言えない恐怖感を持っていました。
経営の中心人物でしたし、尊敬する部分も多かったですが、
人を犠牲にするというか、
自分の利益や評価以外は無視という感じの人でした。

事務員や接客業にありがちな、
営業用の顔ができる人。
他人を否定し、自分最高。
「やればできる理論」で動いている。

心の底では私を見下していて、
陰でなにを言われているか油断できない。
実際、他の事務員の事を散々言っていましたし…

一度、うつ病になったそうですが、
そこから立ち直ったといっていました。
その話を自発的にできる種類の人間。

事務仕事を頼んでも後回しにされ、いつまでたっても事が進まない。
やってくれないなら自分でやると言っても教えてくれない。
その人しか知りえないのに、聞いても知らないといわれる。
責任は私に来る。

良く言えば人をよく見ています。
ゆえに油断すれば利用されてしまう…
それに対しての恐怖感が強かったように思います。
舐められたら終わりって感じです。

蛇足ですが、
この人も口腔衛生が悪かったです。

夢占いは性的な解釈が多いものですが、
私は『性』より『生』ではないかと思います。
生きていくための希望の表れ。
または、
生き抜くための恐怖(死なないための警戒)
あるいは単純な混乱か…

眠れないとか、熟睡できない時は、
金縛りや悪夢が多いものですが、
それが夢なのか『思考や経験の延長』なのか切り分けてほしいと思います

金縛りは慣れてしまって、
あえて楽しむ私でした。

もっとも、
いまさらこんな夢を見たのにはきっかけがあったわけですが、
それは次に書きます。

つづく。
ポチッとよろしく!
------------------------------------------------------------------------
Photo_141
飛行機に乗れる人ってどんな人でしょう…

« 簿記2級申し込み 平成23年11月20日(日)実施 | トップページ | 夢の原因。 »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1418356/42778903

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の話:

« 簿記2級申し込み 平成23年11月20日(日)実施 | トップページ | 夢の原因。 »